仮想通貨だけで食っていく男のブログ

仮想通貨自動売買botの開発をメインにしています。「固定費削減」「節税」「ローリスク投資」を使ったお金を生む工夫についても紹介しています。

⑦その他仮想通貨の話

Zaifハッキングに乗じて鞘どりしました。

投稿日:

本日9月20日未明にZaifがハッキング被害にあったという発表がありましたね。

それに乗じて1万円程の利益が出たので簡単にご紹介します。

ハッキング騒動について未チェックの方はこちら>>1分でわかるZaifハッキングまとめ

目次

  • 背景
  • 実際の取引
  • 取引方法の例
  • まとめ

背景

ハッキング被害については上記記事のとおりですが、それに伴ってZaifはBTCを含む一部通貨の出金を停止しています。

Zaifに不信を持った人たちはBTCを日本円やETHに変えて出金を行ったのでしょう。

つまりBTCが売られたわけです。

そして下図のようにZaifだけBTCが安い状態になりました。

CoinChoiceより(画像は9月20日13時)

発表から10時間以上経ってもこの状態です。

ZaifでBTC出金ができない間は埋まるのに時間がかかると思われます。

出金が開始されるとこの価格差はなくなってしまうので今が鞘どりチャンスですね。

実際の取引

私の場合はZaifに日本円が残っていました。

しかしすぐにBTCを日本円に変換できる取引所がありませんでした。

なのでLIQUIDのクイック入金を使って日本円を入金し、空売りすることにしました。

実際の取引はこちら↓

Zaifにて707,505円で1.25BTCを購入。

(Zaifに残っていた日本円のギリギリ分です。)

そしてLIQUIDにて716,327円で1.25BTCを空売り。

そして価格差が埋まってからZaif売却、LIQUID買い戻しを行えば・・・

私の場合約11,000円の利益です。

取引方法の例

今後の為にいろいろな鞘どりのやり方をまとめておきましょう。

3つの場合に分けてみました。

(今回はZaifが低価格となった例で記載していますが上手く読み替えてください。)

BTC現物を持っていない場合

これは今回の私のパターンですね。

【手順】

①Zaifに日本円を入金→BTCを購入

②LIQUIDに日本円を入金→BTCを空売り

※日本円が残っているなら入金は不要

価格差が落ち着いたら、

③ZaifでBTCを売却

④LIQUIDでBTCを買い戻し

基本的に①と②は同時刻、同量で行います。(③と④もです。)

ただし価格差がすぐに埋まってしまうのを恐れる場合は、②に時間がかかるようなら①を先に行っても良いです。

今回私はそうしました。

ここで空売りを行う取引所ですがLIQUIDをオススメします。

bitFlyerも空売りできますが現物と値段の乖離が出るので意味がありません。

LIQUIDはFXにおいても現物と同じ板を使用しているので価格差が生じにくいです。

レバレッジも25倍まで効くので、今回の1.25BTC分の取引でも最低5万円程の入金で可能です。

(万が一ロスカットになったら嫌なので私は20万円入金しました。)

BTC現物を持っていない場合(リスクあり)

次にリスクありパターンです。

価格が落ちているのはZaifなのでZaifの取引をするだけで本来は良いのです。

ということで下記のような戦略です。

①Zaifに日本円を入金→BTCを購入

価格差が落ち着いたら

②ZaifでBTCを売却

価格差が落ち着くまでにBTCが暴落すると損失が出てしまいますが期待値はプラスです。

有名トレーダーの響さんもこの戦略と思われます。

BTC現物を持っている場合

他の取引所でBTC現物を持っている場合はもっとシンプルです。

①Zaifに日本円を入金→BTCを購入

②他の取引所でBTC現物を売る

これだけの作業で実質、

「BTC現物をZaifに移して、価格差分の日本円をゲットした。」

ということになります。

まとめ

今後もこのような不祥事?が発生するかどうかはわかりませんが、過去何度も発生しております。

私自身、初めてこのような騒動に上手く乗れました。

私は現在20以上の取引所を開設しています。

チャンスを逃さない為、リスク分散の為にも取引所口座を複数持っておくことも大切かと思います。

それでは。

 

BTC/JPYの取引が可能な取引所

bitFlyerの口座開設はこちら

Zaifの口座開設はこちら

LIQUIDの口座開設はこちら

最大の仮想通貨取引所

Binanceの口座開設はこちら

最大級のBTCFX取引所

BitMEXの口座開設はこちら

 

-⑦その他仮想通貨の話

執筆者:

関連記事

【仮想通貨投資法2】買うと決めたらすぐに買え

「仮想通貨の始め方と儲け方」の続きです。未読の方はこちらも読んでくださいね。   買うと決めたらすぐに買え 買おうと決めた通貨があっても「もう少しくらいは下がりそうだな。少し下がったところで …

【仮想通貨投資法4】買ったらなるべく早く売り方を決めろ

「仮想通貨の始め方と儲け方」の続きです。未読の方はこちらも読んでくださいね。   買ったらなるべく早く売り方を決めろ 仮想通貨だけに限らない話ですが、買うときはいろいろ考えるのに売り方は全然 …

仮想通貨LOOMトークン(Loom Network)を利確しました。

みなさんはLOOMトークンをご存知でしょうか。 かという私も認識は薄く、これからブロックチェーンゲームに使われていくトークンというくらいの知識しかありません。 詳しい説明は公式ページでgoogle翻訳 …

SKYコインとBinanceが提携を発表するも値動きがあまりないことについて

昨日、SKYコインとBinanceが提携を発表しました。 SKYコインは私が注目している数少ない草コインですので少し考察してみます。 今回の提携についてはこちらの記事が参考になります。 Skycoin …

仮想通貨の確定申告について最安サービスをご紹介

こんにちは。ともい(@trotrogame)です。 先日、仮想通貨の確定申告についての質問を受けました。 「bot使って仮想通貨どうしのトレードを行うと税金の計算大変じゃないですか?」 と。 確かにそ …