仮想通貨だけで食っていく男のブログ

仮想通貨自動売買botの開発をメインにしています。「固定費削減」「節税」「ローリスク投資」を使ったお金を生む工夫についても紹介しています。

⑤仮想通貨で会社を作る話

一人社長である私の確定拠出年金事情について

投稿日:

会社員時代は超軽くだけ確定拠出年金をしていました。

しかし退職、起業後は拠出せず放置中です。

その確定拠出年金について改めて、一人社長の私がとるべき方法を考えてみました。

確定拠出年金とは、、、

自分で積み立てる年金です。

老後にしか引き出せない代わりに、積立・引出にほとんど税金がかかりません。

(投資に回せるメリットとかもありますが、私はこの節税効果が主だと考えています。)

今回考えるにあたり、下記記事がとても参考になりました。

社長一人の法人でも企業型確定拠出年金に加入は可能だがメリットはどれくらいなのかキッチリ検証してみました

そして私の結論は、

今は加入しない。

そして歳を取るか、自分の給与が上がるかしたら個人型に加入する。

※ただし会社が大きくなって企業型を実施せざるを得なくなった場合はまた考える。

こうなりました。

まず確定拠出年金は、歳を取っている時にやるほど得です。

30歳の時に20万円入れて60歳で23万円返ってくるより、

59歳の時に20万円入れて60歳で23万円返ってくる方が得ですよね。

年利的に。

そうは言っても前者でも得なのは間違いないです。

しかし私は、

60歳の時の150万円より30歳の時の100万円の方が価値がある。

と考えている派です。

ですのでまだ確定拠出年金に支出などせず、今の自分に使いたいと考えました。

そして次に確定拠出年金は、収入が高い人ほど得です。

所得には累進課税がかかるので給与が高い人ほど確定拠出年金による節税効果は高いです。

ですので私の一人法人の利益が爆発して私の給与も上げざるを得なくなった時は、節税対策として確定拠出年金を考えることにします。

 

今回は関係のある人が少なそうなのでただの日記になりました笑

もっとこうした方がいいのでは?みたいな意見がありましたら教えていただけると嬉しいです。

それでは。

残業時間の端数を意識して賢く稼ごう【お金を生む手法】

-⑤仮想通貨で会社を作る話

執筆者:

関連記事

ひとり合同会社設立までの流れと費用

こんにちは。ともい@trotrogameです。 私は仮想通貨で7月2日に合同会社を設立いたしました。 社員は私一人です。 今回は私を例にしてひとり合同会社設立までの流れとその費用を紹介いたします。 会 …

業務内容「仮想通貨」で法人の銀行口座を開設できました!

こんにちは。ともいです。 今年7月に仮想通貨で会社を設立したのですが、本日やっと法人の銀行口座を開設することができました! 関連記事>>仮想通貨で会社を設立しました! しかもメガバンです。 実はこれま …

仮想通貨の確定申告について最安サービスをご紹介

こんにちは。ともい(@trotrogame)です。 先日、仮想通貨の確定申告についての質問を受けました。 「bot使って仮想通貨どうしのトレードを行うと税金の計算大変じゃないですか?」 と。 確かにそ …

仮想通貨を会社の資本金にする3つの方法

こんにちは。ともい@trotrogameです。 私は仮想通貨関係で仕事をしていくべく、7月2日に合同会社を設立する予定です。 この会社の資本金について、仮想通貨でできないかという相談を税理士さんと司法 …

一人社長は大変!?

こんばんは。ともいです。 今年の7月に会社を辞めて一人社長として仕事している私です。 そんな私はよく、 「そんな一人で毎日することあんの?」 と聞かれます。 周りからするとそう思うのも当然ですよね。 …