仮想通貨だけで食っていく男のブログ

仮想通貨自動売買botの開発をメインにしています。「固定費削減」「節税」「ローリスク投資」を使ったお金を生む工夫についても紹介しています。

②自動売買bot

Liquid No.1優良botter決定選手権に参加してみます。

投稿日:4月 19, 2019 更新日:

「Liquid No.1優良botter決定選手権」なるものに参加してみます。

大会の詳細、参加はこちらから

大会についてと私の作戦を簡単に紹介します。

大会について簡単に紹介

主催者:スナフキンさん

東大生仮想通貨トレーダーです。

私もかなり前からフォローさせてもらっています。

取引所:Liquid

最近話題の取引所。

BTC/JPYはじめ、BTC,ETH,XRPまわりのレバレッジ取引ができます。

流動性はまだまだ少なめです。

期間:5/1~5/15

令和スタートの2週間です。

評価:収益率の部と収益額の部がある。

「何倍になったか」と「何円増えたか」どちらで攻めても良いということですね。

優勝を狙うなら初期資金も重要です。

ともいの現状

まず、私はLiquidでBOT作ったことがないのでそこからのスタートです笑

以前から気にはなっていました。

現物と同じ板のFX、マネコで使える、たまに変な髭が出るなどなど。。。

ということでLiquidに着手する良い機会と思い、参加したわけです。

Liquidはかなり昔から口座は持っていまして、12万円残っていたのでこれで勝負します。

もし増やせたとしても収益率・収益額共に半端になりそうなので優勝は無理ですね。

ともいの作戦

上記の通りゼロからのスタートですので欲張らず行きます。

まず目標は「BOTを完成させて動かすこと」「プラスで終わること」です。

とはいえ目標利益も立てておかないとBOTの設定もしにくいので立てておきます。

努力目標「資金を1.5倍にすること」とでもしておきましょう。

最低限「勝った」と言える値かなと思います。

一旦候補となるBOTの種類としては以下の3種くらいでしょうか。

  • mmbot
    多分これで参戦する強者が多そう。私はmmbot素人なのでここに勝負しに行くのは△。
  • アビトラbot
    ヒゲも出るし利益は出せそうですがLiquidだけの損益で勝負なので×。
    Liquidだけ利益出す方法もありますがいずれにしても2週間で大きな利益は出なさそう△。
  • なにかしらの成行bot(スキャ、デイ、スイング)
    最近スプレッド狭くなっていてmmbot多そうなので成行も可と思っています。
    スイングではほぼ何もせず大会が終わるかもなので、スキャかデイですね。

ということで一旦成行のスキャ~デイbotで行こうと思います。

戦略はこれから考えます笑

もちろん場合によっては指値も使います。

いくつか試したい案があるのでそれをぶつけてみるつもりです。

今作っているBOTが落ち着いたら着手します。

5日間くらいは準備期間とれるはず。。。

出来上がったBOTは紹介しようと思いますので楽しみにしてください。

それでは。

仮想通貨取引所BitMaxの紹介と攻略のヒント

 

-②自動売買bot

執筆者:

関連記事

【BTC】トレードシグナルで自動売買始めました

昨日公開したBTCのトレードシグナルが順調&好評です。 このトレードシグナル通りに自動売買するbotを作りましたので進捗報告です。 目次 トレードシグナルの反響 トレードシグナルの履歴 自動売買bot …

仮想通貨自動売買botカミソリ君、5月の収益公開

こんにちは。ともい@trotrogameです。 私の主収入である仮想通貨自動売買の5月の収益を公開いたします。 現在使っているbotはカミソリ君1個だけですが日々改良中です。 関連記事 仮想通貨自動売 …

仮想通貨自動売買botカミソリ君の収益が月100万円突破しました!

私の本業(会社を除く)である仮想通貨自動売買の4月の収益が100万円を超えたので記念に記事にします。 関連記事>>「仮想通貨自動売買botの収益公開」 ※現在botのロジックは公開していません。 収益 …

敏腕トレーダーが手法をbot化しない問題

安定して勝ってるトレーダーさんはなぜ自身の手法をbot化しないのかな? って思いませんか? 私は思います。 トレーダーさんがbot化しない理由から解決策まで考えてみたので語ります。 きっかけ bot化 …

仮想通貨自動売買botの6月の収益とこれまでの全収益を公開

こんにちは。ともい@trotrogameです。 先月に引き続き、仮想通貨自動売買botカミソリ君の6月分の収益を公開します。 また、7/2に法人化しましたので個人としての取り組みのまとめとしてこれまで …