仮想通貨だけで食っていく男のブログ

仮想通貨自動売買botの開発をメインにしています。「固定費削減」「節税」「ローリスク投資」を使ったお金を生む工夫についても紹介しています。

⑤仮想通貨で会社を作る話

仮想通貨を会社の資本金にする3つの方法

投稿日:6月 26, 2018 更新日:

こんにちは。ともい@trotrogameです。

私は仮想通貨関係で仕事をしていくべく、7月2日に合同会社を設立する予定です。

この会社の資本金について、仮想通貨でできないかという相談を税理士さんと司法書士さんにしてきました。

その結果、出てきた3つの方法を紹介いたします。

資本金とは:会社設立時に設定する会社の運用資金です。合同会社ではこの運用資金の出資者が社員です。ここではともい一人ですのでともいが会社のために用意できる資金ということになります。

下記の流れでお届けします。

  • ともいが資本金を仮想通貨にしたい理由
  • 仮想通貨を資本金とする難しさ
  • 仮想通貨を資本金とする方法3つ

関連記事↓

仮想通貨で法人化することについて税理士に相談してきた

資本金を仮想通貨にしたい理由

私の事業のメインは現在、仮想通貨自動売買botの作成、運用です。

また資産のほとんどをそれに充てているので日本円はあまり持っていません。

関連カテゴリー>>「仮想通貨自動売買bot

つまり新しく作る会社でも動かすものは”日本円”でも”物”でもなく”仮想通貨”です。

ですので、もし資本金を日本円で用意しても、全て仮想通貨購入に充てることになります。

もしまっとうに資本金を日本円で銀行口座に用意するとすると、下記のとおり大変な手間と料金が発生します。

合計8回もの手数料が発生します。

ぞっとしますね。

仮想通貨を資本金とする難しさ

仮想通貨を資本金とすることは可能です。

現物出資ということで土地や車などを資本金とすることは可能なので、同様に仮想通貨を資本金とすることはできます。

しかし注意すべき点があります。

会社設立日のレートで計算するので金額の予想がたてずらい

資本金は日本円換算で示しますが、仮想通貨を資本金とする場合は会社設立日までレートが大きく変動する可能性があります。

「よーし来月会社設立だ!3BTCあるから資本金200万円ということにしよう!」

と思っていても会社設立日までにBTCが暴落暴騰した場合、出資するBTCの枚数資本金の金額自体を見直さなくてはなりません。

今使っている取引所に入っている一部の仮想通貨をそのまま資本金とすることはできない

「今取引所Binance(バイナンス)に入っている3BTCを資本金とするぞ!」

と思っていても、もし取引所Binance(バイナンス)に他の通貨(余ったUSDT、試しに買ってみたアルトコイン、なんか知らんけどAirdropでもらえた通貨等々)がある状態ならそのまま資本金とすることはできないようです。

1つの口座に法人分・個人分の資金が混ざることになるので確かに良くない気がします。

またZaifなど国内の取引所は個人として身分確認を経て口座開設しているはずなのでそもそも法人用口座として使うことはできません。

 

仮想通貨を資本金とする方法3つ

税理士さんと相談して出てきた仮想通貨を資本金とする現実的な方法を3つにまとめましたので紹介します。

どの方法が良いかは資産の保有状態によります。

方法①法人用の国内取引所の口座を作る

これが一番まっとうな方法かと思います。

【方法①】
Zaifなどで法人用の口座を開設し、その口座へ仮想通貨を送金する。
会社設立日のレートで日本円換算した分が資本金となる。

この方法のデメリットとして、

  • 通貨の種類が限られている(BTC,ETHなどメジャーな通貨のみ)ので、それ以外の通貨があるなら一度BTCに変換する必要がある。
  • 法人用口座作成には時間がかかるのでそれまで事業に取り掛かれない。税理士さん曰く1か月以上かかる可能性があるとのこと。
  • 送金手数料がかかる

というものがあげられます。

方法②今使っている海外の取引所の口座をそのまま使う

先ほど、今使っている取引所の一部の仮想通貨をそのまま使うことはできないと言いました。

しかし口座にある仮想通貨全てを資本金とするならそのまま海外の口座を使うことは可能っぽいです。

【方法②】
海外の取引所に入っている仮想通貨全てをそのまま資本金として、口座もそのまま使う。
会社設立日のレートで日本円換算した分が資本金となる。

ただしKYC(身分確認)していないことが前提です。

KYCが完了しているということはその口座は個人のものとなっています。

KYC未完了なら氏名を使わずメールアドレスだけで登録していると思いますので「その口座は法人のものだ!」という”てい”にすることができます。

これが可能なら一番楽な方法かと思います。

ただし先ほど挙げたように、Airdropでもらった通貨や端数で残ってる通貨がたとえ1円未満であっても資本金として扱わないといけません。

③新しく海外の取引所口座を用意して法人用ということにする。

これが私が今回やろうとしている方法です。

私の場合、国内取引所で扱っていない通貨も多くあり、海外取引所の口座の中もこんな感じで煩雑になっています↓

※なんでこんなことになっているかというと→関連記事>>「Kucoinの取引所トークンKCSコインを購入した(買った理由と売り方を公開)

ということで方法①②は使えません。

そこで私が使う方法は下記です。

【方法③】
海外の取引所はメールアドレスだけで作れるので法人用として新しく海外の取引所の口座を開設する。
会社設立日に新しい口座へ仮想通貨を送金する。
その日のレートで日本円換算した分が資本金となる。

この方法のデメリットは以下が上げられます。

  • 送金手数料がかかる
  • 法人としてKYCすることになったとき、通るかがわからない

結局それなりの手数料がかかってしまいますが、私にとってはこの方法がベストと判断しました。

まとめ

1個人として仮想通貨で起業するぞという方はまだ少ないと思います。

お世話になる税理士さんも司法書士さんにとっても初めてだそうです。

しかしこういうケースもこれから増えてくるかもしれません。

仮想通貨と法律はデリケートな関係にあるので、こういうことは自分で判断せず専門家に聞くことをお勧めします。

それでは。

関連記事↓

仮想通貨で会社を設立しました!

-⑤仮想通貨で会社を作る話

執筆者:

関連記事

業務内容「仮想通貨」で法人の銀行口座を開設できました!

こんにちは。ともいです。 今年7月に仮想通貨で会社を設立したのですが、本日やっと法人の銀行口座を開設することができました! 関連記事>>仮想通貨で会社を設立しました! しかもメガバンです。 実はこれま …

一人社長は大変!?

こんばんは。ともいです。 今年の7月に会社を辞めて一人社長として仕事している私です。 そんな私はよく、 「そんな一人で毎日することあんの?」 と聞かれます。 周りからするとそう思うのも当然ですよね。 …

ひとり合同会社設立までの流れと費用

こんにちは。ともい@trotrogameです。 私は仮想通貨で7月2日に合同会社を設立いたしました。 社員は私一人です。 今回は私を例にしてひとり合同会社設立までの流れとその費用を紹介いたします。 会 …

仮想通貨で法人化することについて税理士に相談してきた

こんにちは。ともい@trotrogameです。 ここ数ヵ月で仮想通貨の利益が出てきていまして、法人化した方が税金対策的に有利なのではと考え始めていました。 いくらネットで調べても結論に至らなかったので …

仮想通貨の確定申告について最安サービスをご紹介

こんにちは。ともい(@trotrogame)です。 先日、仮想通貨の確定申告についての質問を受けました。 「bot使って仮想通貨どうしのトレードを行うと税金の計算大変じゃないですか?」 と。 確かにそ …