仮想通貨だけで食っていく男のブログ

仮想通貨自動売買botの開発をメインにしています。「固定費削減」「節税」「ローリスク投資」を使ったお金を生む工夫についても紹介しています。

⑦その他仮想通貨の話

KCSコインを損確しました。

投稿日:

以前購入したKucoinの取引所トークンであるKCSコインを損確したので理由等々ご紹介します。

KSCコインについての詳細は関連記事を参照してください↓

Kucoinの取引所トークンKCSコインを購入した(買った理由と売り方を公開)

KCSコインを購入した理由と状況の変化

上記の前回記事にあるとおりなのですが、KCSコインを購入した理由は下記の通り

  • 配当がもらえ、5/5時点では年利5%強
  • Kucoinの取引手数料割引がある

Kucoinは今も使用しているので手数料割引の恩恵があるのですが、配当について変化してきています。

6/26現在、配当をKCSボーナスカルキュレーターで確認してみると年利4%程になっていました。

下がっているとはいえ、年利4%自体は悪くありません。

ただしKCSコインの値段も落ちているのです。

私が購入した金額で計算するとさらに低い利率になってしまっています。

KCSコインを売却した理由

損確となってしまったKCSコインですが、売却した(BTCにした)一番の理由は

KCSコインは送金できないので会社設立の資本金として扱えないから

です。個人的な理由で恐縮です。関連記事↓

仮想通貨を会社の資本金にする3つの方法

それだけが理由なら会社設立後に買いなおせばいいじゃないかという話になるのですが、今のところそのつもりもありません。

仮想通貨自動売買botも増える予定で資金が必要な中、展望が悪くなってきたKCSコインに資金を割く余裕がなくなってきたという判断です。

資金が余るほどあればKCSコインを買い戻すとは思います。

KCSコインの展望が悪くなった理由

KCSコインは下記理由により展望が悪いと考えています。

  • 仮想通貨全体の取引高が減少している(KCSは取引高に応じて配当されるので配当が下がる)
  • 取引所トークンの種類が急激に増えており競争が激しくなっている(値上がりの期待が薄い)
  • 草コインブームが終わりKucoinの取引高も減少傾向(配当が下がる)

逆に言うと上記が好転することがあれば再びKCSコインが輝くと思います。

今需要少ないと思いますがKuCoinの口座開設はこちら

-⑦その他仮想通貨の話

執筆者:

関連記事

2017年10月に仮想通貨XEM(NEM)を買ってからの話

私の趣味である仮想通貨についての記事も載せていこうと思います。 今回は自身の整理もこめて仮想通貨に対する推移を書きます。 つらつらと書いてみます。 2015年、ビットコインを知る 1BTC = 3万円 …

【仮想通貨投資法4】買ったらなるべく早く売り方を決めろ

「仮想通貨の始め方と儲け方」の続きです。未読の方はこちらも読んでくださいね。   買ったらなるべく早く売り方を決めろ 仮想通貨だけに限らない話ですが、買うときはいろいろ考えるのに売り方は全然 …

Kucoinの取引所トークンKCSコインを購入した(買った理由と売り方を公開)

「【仮想通貨投資法4】買ったらなるべく早く売り方を決めろ」といいましたので、これからは私が行った仮想通貨の取引と決定した売買予定を記事にしていきます。 使い道がまだないコインが多い中、取引所のコインは …

【BitMEX】知らないと損しまくる手数料の仕組み

【BitMEX】知らないと損しまくる手数料の仕組み。&取引補助ツール この記事は上記リンクと同じものです。 より多くの方に知っていただきたいのでこちらでも紹介します。   BitMEX利用者 …

BNK(バンクエラ)は1.9円で売れ!そして1円で買え!

次世代のブロックチェーン銀行、バンクエラ。 そのICO参加者は約10万人で約162億円調達したと言われております。 わたしもそのICOに参加した一人です。 現在42万BNK所有しております。 そしてこ …