仮想通貨botしか勝たん

仮想通貨自動売買botの開発をメインにしています。投資についての自論を公開中。

⑦その他仮想通貨の話

私のポートフォリオとこれからのBNK(バンクエラ)とXEM(NEM)の話

投稿日:4月 21, 2018 更新日:

需要は不明ですが私の2018年4月現在のポートフォリオを公開します。

ガチホというよりはbotも含めて結構頻繁に取引しているほうなので3か月に一度の頻度で更新する予定です。

ポートフォリオ公開

ポートフォリオ公開は丸裸になった気分で恥ずかしいですね。。。

アイコンだけではわからない通貨もあるかもしれませんが今回の要点は下記で紹介しています。

ポートフォリオだけではなく、資産移動を示す矢印について理由的なことを2点だけ紹介しておきます。

BNK(バンクエラ)について

少し前にICOで入手したBNK(バンクエラ)についてです。図の左のBのアイコンです。

私の仮想通貨の20%程を占めます。結構大きいです。仮想通貨バブル時にICOしていたので私みたいにBNKの割合が高い人は多いのではないでしょうか。

BNK(バンクエラ)はすぐ売れ!

これはもう少ししたらHitBTCに上場予定なのですが、ほぼ100% ICO割れすると踏んでいます。

ICO割れする根拠についてはまた別の記事で紹介します。

とにかく、ICO割れすると踏んでいるので即座にbot用に回すかもしくはNEMに利確するつもりなのです。(その後、BNKを買い戻す可能性は十分にあります)

NEM(XEM)に再度投資しよう!

上記でも挙げていますが利確先にNEMを選んでいます。

私は現在のNEMの価格は超割安と見ています。

NEMはご存知の通り、泥棒騒ぎがあり暴落した通貨です。

先日やっと泥棒のNEMが売りきれて、今は泥棒からNEMを購入した者たちが市場に流しているところだと考えています。

現在の価格はこの特殊状態が引き起こしたものでありこの売り圧もおさまれば一気に高騰する可能性を秘めているのです。

BNKの上場 or botの利益が膨れたら即座にNEMを購入するつもりです。

もしNEMの購入を考えておられるならZaifがおすすめです。

というか日本円→NEMの取引ならほぼZaif一択です。

NEMが安いうち(私の感覚では60円以下)にドルコスト平均法で徐々に買い足していくのがおすすめです。

面倒ならZaifには「Zaifコイン積立」というサービスがあり、着実にドルコスト平均法でNEMを買い足していってくれるのでこれを利用するのも良いかもしれません。

 

ポートフォリオを見直そう

途中からZaif情報になってしまいましたが、

皆さんも仮想通貨をお持ちなら今のポートフォリオの管理と方針を考えてみてはいかがでしょうか。

 

追記。
2018/4/14にXEM購入いたしました。段階的に買い足す予定です。
日本円からではなくBTCからですのでbinance(バイナンス)で取引しました。
やっとbinanceでNEMが取引できるようになりましたね。
ご存知な方も多いと思いますが仮想通貨同士の取引は取引量世界一、取引手数料最安のbinanceがおすすめです。

追記2
2018/5/11にXEMを買い足しました。
関連記事>>「XEM(NEM)を買い増ししたので売り方まで考える

それでは。

-⑦その他仮想通貨の話

執筆者:

関連記事

8月10日スタートのbybitの大会にbotterチームで参加します!

8/10から仮想通貨デリバティブ取引所のbybitで大会が行われます! といってもbybitはしょっちゅう大会を開いているので別にアツくもなんともないです。 今回はチーム戦でOneさんという超強強bo …

【仮想通貨投資法5】利確は指値、損切りは時間制限

「仮想通貨の始め方と儲け方」の続きです。未読の方はこちらも読んでくださいね。   利確は指値で 利確とは利益確定の略で、値上がり益を確定させること。 前の記事「【仮想通貨投資法4】買ったらな …

10/10 Zaifのプレリリースについてまとめ

本日10/10にZaifのプレリリースがありました。 お客様預かり資産に関する金融支援 正式契約締結のお知らせ 長いので、主要な部分を箇条書きでまとめました。 10/10、フィスコとの50億円の金融支 …

KCSコインを損確しました。

以前購入したKucoinの取引所トークンであるKCSコインを損確したので理由等々ご紹介します。 KSCコインについての詳細は関連記事を参照してください↓ Kucoinの取引所トークンKCSコインを購入 …

ビットコインの積立投資を始めました!

コロナショック!! でもピンチはチャンス! ってことでビットコイン積立投資を始めることにしました。 ちゃんとした理由などは別の機会でお話しします。 まずは始めましたよーというご報告。 ルール 積立方法 …