仮想通貨botしか勝たん

仮想通貨自動売買botの開発をメインにしています。投資についての自論を公開中。

⑥KAZMAX手法bot化計画

KAZMAX氏の手法まとめ【KAZMAX手法bot化計画】

投稿日:7月 31, 2018 更新日:

こんにちは。ともい@trotrogameです。

みなさんはKAZMAXさん(@Kazmax_83)というトレーダーをご存知でしょうか。

去年末からテクニカルトレードのみでBTCの値動きを当てまくって超稼いでいる人です。

twitterでは超有名人でアンチも沢山いますが、私は本物と思っています。

本人は惜しみなく手法とトレードを公開しているのですが、レベルが高くほとんどの人が理解できていないのが現状です。

ですがこんなおいしい話はありません。

おこがましくもこんな企画をスタートいたします。

!【KAZMAX手法bot化計画】!

KAZMAX氏の手法を学びつつ、最終的にはbotを作ってしまおうという計画です。

KAZMAX氏の了承は得ていません。

怒られたら止めます。

迷惑にならないよう頑張っていきます。

KAZMAX手法bot化計画の流れはこんな感じ↓です。

  • KAZMAX氏の手法を分析する ←今回の記事の内容
  • この手法をもとに裁量トレードしてみる
  • 手法を自分なりにブラッシュアップする
  • 上記を繰り返す
  • 最終的にKAZMAZ氏の手法をbotに落とし込む

実際はこの通りの流れで進まずに紆余曲折していくのでしょう。

さて、初回である今回はKAZMAX氏の手法を私なりに分析してまとめてみましたので紹介します。

※私独自の分析ですので当然誤りがある可能性があります。

目次

  • KAZMAX氏の背景とトレード環境
  • 資産管理
  • テクニカル手法
    ・逆三尊、天井三尊
    ・フィボナッチ数
  • 利確方法
  • 損切り方法
  • 今後(おまけ)

KAZMAX氏とは

これからトレード手法についてまとめていきますが、それにあたってKAZMAX氏の背景も結構重要なのでまとめておきます。

  • 投資歴は5年、仮想通貨は2017年末から参戦
  • 投資の本などは読まず1日20時間チャートを見続けて編み出したオリジナルテクニカル手法
  • ファンダメンタル分析は行わない
  • デイ~スイングトレード(1取引の期間が1日~1週間程度)

KAZMAX氏の歴史については調べればまだまだありますが、トレードに重要なのはこれくらいです。

ここで特に重要なのは手法はオリジナルということですね。

オリジナルなので一般的なテクニカルと合わない部分もあります。

今回の企画では当然、一般論は無視してKAZMAX氏の手法に従っていきます。

またKAZMAX氏はチャートチェックにGMOの「ビットレ君」というアプリを使っています。

私もビットレ君を使っていくことにします。

↓ビットレ君の画面

また取引所はBitMEXを使用しています。


こちらも同様に、私もBitMEXでトレードをスタートします。

こちらからBitMEXの口座開設を行うと6か月間取引手数料10%引きです。

BitMEXで取引を始めるにはBTC(ビットコイン)が必要です。

BTCの購入はZaifかbitFlyerからどうぞ。

bitFlyerの口座開設はこちら

Zaifの口座開設はこちら

KAZMAX氏はbitFlyerも以前は使っていましたが、現在はBitMEXへ移行されたようです。

資産管理

KAZMAX氏の優れている所は手法もそうなのですが徹底した資産管理にもあります。

資産管理は当然個々の資産次第なのですが参考にしたいのはこの2点

  • レバレッジは基本1倍以下、狂気で2倍
  • 損小利大を目指したトレード

KAZMAX氏はレバレッジ2倍以下というのをしつこく推奨しています。

また、KAZMAX氏のトレードを見ているとこんな感じで利大損小のバランスをとっています。(あくまでイメージ)

  • 勝つ確率は60%で利確幅は4
  • 負ける確率は40%で損切り幅は3

そりゃプラスになりますよね。

このバランスはを目指して

  • 勝つ確率>負ける確率
  • 利確幅>損切り幅

を描けたトレードを行っていく必要があります。

KAZMAX氏を参考にしても負けている人は、ポジションだけ真似してこの資産管理が守れていない印象です。

テクニカル手法

KAZMAX氏が仮想通貨取引で重要視しているテクニカル手法はたったの2つです。

  • フィボナッチ数
  • 逆三尊、天井三尊

それぞれ紹介します。

フィボナッチ数

フィボナッチ数の細かい説明は省きます。

大抵のチャートにはこのフィボナッチラインを引く機能がついています。

「ビットレ君」にもついています。

早速実例で紹介します。

昨年11月の底値と昨年12月の天井を基準(0%と100%)にすると

こんな感じで23.6%、38.2%、50%、61.8%にラインが現れます。

緑の丸で反発していたり、ライン上でもみ合っていたりしており、意識されているのがわかります。

こじつけと言ってしまえばそれまでですが、KAZMAX氏は仮想通貨ではこのフィボナッチ数を重要視しています。

逆三尊、天井三尊

KAZMAX氏の代名詞ともいえる逆三尊天井三尊です。

下図を見てもらえればわかると思います。

以後、逆三尊、天井三尊を、ややこしいですがまとめて逆三尊と呼ばせてもらいます。

一般的なシグナルである逆三尊ですが使い方は結構難しいです。


KAZMAX流の逆三尊の使い方について私なりに分析しましたので、上記で示されている4点+αにまとめてみました。

逆三尊が出る場所

これは逆三尊が出る“値”という意味です。

意識すべき場所は下記3点かと思われます。

  • 先ほど紹介したフィボナッチ数のライン付近
  • BTCなら90万円や100万円などのみんなに意識されやすい値
  • 以前意識された(逆三尊が構成された等の)ライン

この付近に出てくる逆三尊は特に重要ということです。

またこの場所は利確や損切りラインの目安に使ったりもします。

逆三尊のカタチ

逆三尊は“形”が重要で、形によってはそもそも逆三尊ではなかったり逆に作用したりします。

  • 左右の幅が均等
    左右の方の幅が均等でないものはそもそも逆三尊ととらえない。
  • 両肩の高さ
    逆三尊なら右肩と左肩が同じ高さか右肩が上がっていると良い
    右肩が下がっている逆三尊はむしろ否定(後述)する可能性が高い。
  • ネックラインは汚くても可?
    KAZMAX氏のトレードを追うとネックラインの形はそこまで重視していない気がします。

逆三尊のサイズ

逆三尊の“大きさ”によって強さが変わります。

  • 節目以外の短期は意味がない
    1分足も使用しますが、短期で出てくる逆三尊は上記の出る場所が伴ってない場合は効果がないようです。
  • 大きい方優先(週足>日足>時足>分足)
    逆三尊と三尊天井が同時に現れた場合などは大きい方が勝つことが多いです。

タイミング

これは横軸(時間)のことだと思うのですがどのようなタイミングが重要かは現在調査中です。

逆三尊の否定

KAZMAX氏は逆三尊の否定というのも頻繁にトレードに使用しています。

この否定というのは「逆三尊ができたのに(できそうなのに)否定する方向に動く」ことを言います。

むしろ逆三尊形成と同じくらい重視していると思われるので

  • 逆三尊は買いシグナル
  • 三尊天井は売りシグナル
  • 逆三尊の否定は売りシグナル
  • 三尊天井の否定は買いシグナル

この4つを使っていると言っていいと思います。

利確方法

利確方法は下記の2点でまとめられると思います。

  • 先ほどの「出る場所」で紹介したような節目で利確
  • 逆方向のシグナルが出たときに利確撤退
    (買いポジション中に三尊天井が構築されてしまったときなど)

一旦は利益方向にある次の節目を目標にして、もし途中で逆方向のシグナルが出たときはその時に利確撤退という姿勢かと思われます。

また目標の節目が来ても状況が良いようなら継続して保持することもあります。

利確に関しては結構柔軟な姿勢をとっている気がします。

損切方法

損切については利確と違ってシビアな姿勢をとっています。

ポジションをとる瞬間に損切ラインを設定し、それを徹底しています。

利大損小と初めに書いた通り、利確幅よりも近いところに損切ラインを設定します。

ただしこれはKAZMAX氏の特徴といえるのですが、損切ラインになったらすぐにポジション解消するわけではありません。

KAZMAX氏がよく使う言葉に「定着」というものがあります。


「○○ラインを割って定着したら損切」という風にKAZMAX氏は使われています。

「○○ラインを割ってから逆方向のシグナルが出てしまったら損切する」という意味です。

この「定着」を使いこなすことにより一瞬のダマシ・ヒゲで損切に引っかかるなどということが防げていると考えています。

まとめ(おまけ)

いかがでしたでしょうか。

超稼いでる割にはかなりシンプルな手法に見えますよね。

言葉にするとシンプルなのですが、個人によってとらえ方が変わってくる手法ですので真似するのが難しいのです。

実際はKAZMAX氏の手法から基本を学んで、あとは自分で試行錯誤するしかないと思います。

次回以降はこのKAZMAX氏の手法を使って行った裁量トレードを紹介していきます。

さっそく裁量トレード始めました↓

裁量トレード①エントリー編【KAZMAX手法bot化計画】

当サイトのメインコンテンツです↓

お金を生む手法まとめ

-⑥KAZMAX手法bot化計画

執筆者:

関連記事

裁量トレード⑥【KAZMAX手法bot化計画】

今回は久しぶりのトレードでしたが思い通りの動きで固く利確できました。 今回の狙いと、おまけで次の狙いについても紹介していきます。 目次 取引結果 エントリーポイント 利確ポイント 後日談、次のエントリ …

裁量トレード⑦【KAZMAX手法bot化計画】

今回はエントリーがいい感じで前回に続いて利確かと思いましたが、結果はほぼ同値利確となりました。 目次 取引結果 エントリーポイント 利確すべきポイント おわりに 取引結果 下図のとおり、一時300ドル …

裁量トレード①利確編【KAZMAX手法bot化計画】

昨日の記事↓の続きです。 裁量トレード①エントリー編【KAZMAX手法bot化計画】 初回トレードにしてなんとか大幅利確することができました。 下記流れで紹介します。 目次 取引結果 KAZMAX氏の …

裁量トレード①エントリー編【KAZMAX手法bot化計画】

本日びくびくしながら下記記事を上げました。 知らない方は知らないでしょうがそれくらいKAZMAX氏は大物なのです。 実は私同い年なんですけどね。 KAZMAX氏の手法まとめ【KAZMAX手法bot化計 …

サロンの外から見えるKAZMAXサロンの実績と、あなたがサロンに入会すべきかどうか

8/23にツイッター上でKAZMAXさんとnoteレビュアーさんの「サロンの実績騒動」がありました。 私は第三者ながら、この騒動から見えてくるサロンの実績を分析し、どのような人がサロンに向いているかを …